結婚指輪を選ぶとき、素材を重視するかデザインを重視するか迷うと思っている人、多いのではないでしょうか。

結果として価格で決めたと言う人も。

先日の新聞に、面白い記事が書かれてありました。

結婚指輪を購入するときに、素材を重視していると思っている人が、8割にのぼると。

この調査の対象者は既に結婚をしている女性と言います。

その人たちが答えた理由は、一生の物だから劣化しない、変色しない、輝きが失われない事が大事だと考えるからと答えています。

そして耐久性にも優れている物が大事。

だから素材が重視されるという理由でした。

もちろん、デザインも飽きがこない物が良いともね、神戸のジュエリーショップでも、プラチナの素材に拘ると言う人が多いと聞きます。

神戸のジュエリーショップに勤める店員さんは、プラチナについて、素材自体の希少性が高い、永遠に輝きが失われないという点が人気の秘密ではないかと話しています。

一生のものだからこそ、質の良い物を求める気持ち、理解出来ますね。

プラチナとダイヤモンドの組み合わせ、神戸のジュエリー店でも人気が高いと言います。

プラチナも貴金属では、耐久性にも優れ質が良いという事が選ばれる理由です。

そしてデザイン的には宝石と組み合わせるという人が多い中、ダイヤモンドとの組み合わせが一番人気になる理由としては、宝石の中で最も硬度のある物だからと言われています。

永遠の愛の証とも言える結婚指輪は、半永久的に輝きを失わない硬く強いものである方が望ましいという考えの元に、ダイヤモンドが選ばれているようです。

ダイヤモンドは、宝石の中でも硬度10という硬さを持っています。

宝石言葉も、純潔・永遠の絆・純粋無垢と言われています。

最高の素材で、最高のデザインをとなれば、プラチナとダイヤモンドの組み合わせが選ばれるのは自然の流れのようにも思います。

ですが、神戸の宝石専門店では、必ずしもプラチナやダイヤモンドに拘る必要は無いとも言います。

そのお店で見つけた素敵なデザインはこちらです。

神戸での結婚指輪の取扱店を探す

ここのお店の店員さんは、お互いに納得がいくものであれば、それが一番望ましい結婚指輪ですからと話しています。


Comments are closed.